エンタメ

キムタク信長ロケ地/専修寺の絵画がバーチャル空間で!50年に一度のチャンス

2023年1月27日公開予定映画「レジェンド&バタフライ」。

織田信長役に木村拓哉さん、信長の正室・濃姫役に綾瀬はるかさん、とても豪華なキャストで盛り上がっていますよね。

「レジェンド&バタフライ」のロケ地に選ばれた専修寺では、50年に一度のイベントが予定されているのですが、ご存知でしょうか。

今回は、そんな話題でもちきりの、専修寺のイベントについてまとめました!

キムタク信長ロケ地/専修寺の絵画がバーチャル空間で!50年に一度のチャンス、の流れでで紹介いたします。

キムタク信長ロケ地/専修寺の50年に一度のイベントとは?

2023年は専修寺にとって、50年に一度とも言われるほどの年で、さまざまな特別法要が予定されています。

  1. 開山親鸞聖人御誕生850年奉讃法会
  2. 立教開宗800年奉讃法会
  3. 中興真慧上人500年忌奉讃法会
  4. 聖徳太子1400年忌奉讃法会

もう少し分かりやすく説明すると・・

親鸞聖人御生誕850年にあたります。

親鸞聖人の教えをまもる真宗が始まって(立教開宗)800年になります。

高田派中興の祖真慧(しんね)上人の500年忌にあたります。

日本の仏教の興隆に尽くされた聖徳太子の1400年忌にあたります。

特別法要は2023年(令和5年)5月21日(日)から28日(日)の予定です。

正式な発表は近々されるとのことです。

一般の方でも参加できるようなので、日本の伝統文化のすばらしさに触れる良い機会ではないでしょうか。

キムタク信長ロケ地/専修寺の絵画・彫刻がバーチャル空間で!

さらに、現在改築中の”宝物館”がリニューアルオープン!

新宝物館では、専修寺の絵画や彫刻が放つ浄土世界をVRで鑑賞できるそうです!

2023年1月9日より2月16日まで、日本博「VRで魅せる専修寺の絵画・彫刻が放つ浄土世界の美のオーラ」が開催されます。

プレオープンイベント

2023年1月9日(月・祝)~2月16日(木)

(プレオープン期間は入場無料)

3D計測や360度カメラによる撮影など、最新のデジタル技術を駆使した映像技術により、専修寺の御影堂、如来堂の建築美、そして阿弥陀如来の浄土を表現した絵画や彫刻が、手に取るように見ることができるそうですよ。

ただし、入場には注意点があります。

1月9日~16日(お七夜報恩講期間中)は、現地での当日分受付のみ。

1月17日~2月16日はWeb予約となります。

詳しくは専修寺プレオープンイベントでご確認ください。

スポンサーリンク

キムタク信長ロケ地/専修寺の国宝建築物

平成29年11月28日、専修寺の御影堂と如来堂が国宝に指定されました。

御影堂は15世紀に建立されるも大火により焼失、現在のお堂は1666年に再建されたものです。

とはいえ、全国の国宝木造建築の中でも五番目に大きな建築物です。

如来堂は、二層の屋根や中国の故事にまつわる彫刻など細部まで見どころが多いです。

まとめ

今回は、キムタク信長ロケ地/専修寺の絵画がバーチャル空間で!50年に一度のチャンス、としてまとめました。

「レジェンド&バタフライ」のロケ地という話題性と、50年に一度のイベントが重なり、ますます興味が湧きますね。

error: Content is protected !!