時事ネタ

萩生田光一の嫁や息子と娘!父親と母親・妹など家族まとめ

萩生田光一氏は、2022年8月10日に自民党政調会長に就任されました。

しかし、旧統一教会との問題で連日話題になっています。

そんな萩生田光一氏について、嫁や息子と娘!父親と母親・妹などご家族について、詳しく紹介いたします。

最後まで楽しんでご覧ください。

萩生田光一氏の嫁や息子・娘の家族構成

萩生田光一氏の家族構成は、妻(嫁)と一男一女、そして父親の5人家族です。

息子さんも娘さんも独立しているので、家族全員が揃うのはほとんど無さそうです。

萩生田光一氏の嫁:潤子さん

萩生田光一氏の嫁、潤子さんは一般女性のため、わずかな情報しかありませんでした。

おそらく、安倍夫妻といっしょに写っている、萩生田氏の横の女性が潤子さんだと思われます。

この写真は、2013年5月10日、萩生田氏のブログに投稿されたものですが、”安倍総理とゴルフをご一緒させていただき・・”と綴られています。

やわらかな笑顔の女性ですよね。

萩生田氏を陰で支えていらっしゃる雰囲気が漂ってきます。

とても貴重な一枚ですね。

GW最終日は青空のもと安倍総理とゴルフをご一緒させていただきました。

スコアは国家機密です(笑)

引用:はぎうだ光一ブログ

スポンサーリンク

萩生田光一の息子:一輝さん

萩生田光一氏の息子、一輝さんは早稲田実業高校出身です。

少年時代から、地元の八王子リトルリーグに所属。

八王子リトルリーグのホームページで卒団生として紹介されています。

ピッチャーで主将も務めていたようですね。

早稲田大学に進学した一輝さんは、在籍しながら早稲田実業高校のコーチを務め、清宮幸太郎選手を指導した経緯もある実力者です。

萩生田氏は、一輝さんとのエピソードをブログでも語っています。

それは、萩生田氏が北海道で行われた研修会に参加した2006年8月。

偶然にも、札幌麻生球場で開催されていたリトルリーグの大会に、一輝さんが所属する八王子リトルリーグが出場するとのことで、予定を一日繰り上げて応援に参加したときのエピソードです。

忙しさにかまけて今までまともに観た事はなかった我が子の試合を観る事がこんなに緊張しこんなに感動する事を初めて知った。

ただただご迷惑をかけない事だけを祈ったが、期待以上の活躍でキャプテンとしての役目を果たし、優勝旗を手にする事ができた。

その夜は市内の90分焼肉食べ放題の店で祝賀会が行われたが中学生たちはとにかくよく食べる。

あの勢いで食べられたらたぶん店は赤字だろう。

それでも夜中に部屋に電話があり「北海道のラーメンが食べたい」というので着替えて夜の街へ繰り出し有名店の味噌バターコーンを平らげた。

ベッドへ入ってから腹が減る学生時代を懐かしく思いながら久しぶりに男同士の野球談義に花が咲いた。

もっとも夜中にラーメンをスープまで残さず食べる親父の方も結構凄いかもしれない。

引用:はぎうだブログ

父親としての萩生田氏は、普段の姿からは想像できないですが、このようなエピソードを知ると心が温かくなります。

スポンサーリンク

萩生田光一の娘:

萩生田光一氏の長女については、名前も年齢もわかっていません。

2019年3月に結婚されていて、披露宴には、元安倍晋三首相が出席されました。

産経新聞によると、元安倍首相は、「政治家の子供に生まれたつらさは自分も知っている。お父さんも頑張っているから理解してあげてほしい」とエールを送ったと報道しています。

そんな娘さんですが、お笑いが好きとのこと。

このようなエピソードがあります。

『空気階段がパパの名前を漫才に使っていたよ』っていうことで見せてもらったんだよ」

と、萩生田氏をネタに漫才をしていた、お笑い芸人空気階段のところに、突然、萩生田氏が訪問。

そして空気階段に一言!

「ありがとうね」「娘がお笑い好きで」って。

こんなエピソードがあったなんて、おどろきですね。

萩生田光一氏の父親・母親・妹の実家まとめ

萩生田光一氏は、サラリーマン家庭に生まれました。

見た目のかっぷくの良さから、裕福な家庭だと思われがちですが、普通の一般的な家庭であると語っています。

萩生田光一氏の父親:守曠さん

萩生田光一氏の父親の名前は、萩生田守曠さん。

萩生田氏は父親について、景気が良かったのに人が良すぎて仕事を変わった。

と、苦労した時期もあるようです。

スポンサーリンク

萩生田光一氏の母親:芳江さん

萩生田光一氏の母親、芳江さんは、2006年7月11日70歳で亡くなられています。

引用:四国新聞社

萩生田光一氏の妹

萩生田光一氏には、双子の妹さんがみえます。

萩生田氏の2歳年下ですので、2022年現在56歳と思われます。

萩生田光一氏の少年時代

萩生田氏は、少年のころから野球に夢中になり、将来プロ野球選手になりたいと練習に励んでいました。

そして、甲子園を目指すようになり、努力して、野球が盛んな早稲田実業高校に入学。

野球部に入部したところ、勉学に勤しんでいた色白の萩生田氏とは別人のように、真っ黒に日焼けした同級生部員を見て、こういう世界なんだとショックを受けたそうです。

そんな苦い経験を持つ萩生田氏ですが、息子さんがリトルリーグや同じ早稲田実業高校で活躍されたことは、とてもうれしく、幸せだったことでしょう。

まとめ

今回は、萩生田光一の嫁や息子と娘!父親と母親・妹などご家族について紹介しました。

これからのご活躍に期待しています。

error: Content is protected !!