女優

松下奈緒のピアノの実力がスゴイ!親善大使も務めた音楽活動経歴と演奏動画まとめ

松下奈緒さんは、その完璧すぎる美しさはもちろんですが、ピアニストや作曲家など、音楽活動でも幅広く活躍されています。

松下奈緒さんのピアノの実力は、親善大使を務めるほどの腕前です!

ついては、松下奈緒のピアノの実力がスゴイ!親善大使も務めた音楽活動経歴と演奏動画まとめ、という流れでまとめました。

さっそくみていきましょう。

松下奈緒さんのピアノの実力がスゴイ!

松下さんのピアノ実力は、3歳から受けた英才教育にあるようです。

母親がピアノの先生で、勉強よりも、部活よりも、何より、ピアノ中心の生活だったようですね。

東京音楽大学の音楽学部ピアノ科在学中に、連続テレビドラマ『仔犬のワルツ』で女優デビューを果たした松下奈緒さん!

海外のコンクールで優秀な成績を誇る天才ピアニストを演じていますが、ピアノ演奏は代役は使わず、松下奈緒さんご本人が弾いています!

SNSでは、このような感動のメッセージもたくさん寄せられています。

・ピアノ演奏テクニックが素晴らしい!
・ピアノの弾き語りに感動した!
・透明感のある歌声がステキ!

https://twitter.com/uta_252583/status/1545737767694376962?s=20&t=99pAjGbvklUdOQ5yCFPHig

松下さんのアルバム用のピアノ楽曲を提供された”Ryota Nozaki”さんも、その腕前を高く評価されていますね。

スポンサーリンク

松下奈緒さんは親善大使も務めていた!

松下奈緒さんは、2013年12月19日、当時の岸田外務大臣より、2014年の「V4+日本」交流年の親善大使に任命されています!

本当に素晴らしい功績ですよね。

岸田氏は、任命した理由をこのように語っています。

4カ国はショパンら著名な音楽家とゆかりが深く、松下さんの雰囲気にぴったり

4か国とは、ハンガリー、スロバキア、チェコ、ポーランドです。

クラシック音楽のみならず、世界遺産にも登録されている中世の町並みや歴史的建造物、文学、絵画及び自然遺産などの魅力あふれる国々です。

<松下奈緖さんのコメント>

私は幼少期からピアノに親しんできたため、クラシック音楽により有名なV4各国に、親近感を抱いておりました。

そして、本日、来年1月から「V4+日本」交流年を迎えるにあたり、岸田外務大臣から親善大使を委嘱して頂きましたことを、心から嬉しく思っております。

昨年6月の「V4+日本」首脳会合の際には、私もポーランドを訪問いたしましたが、心の温かいV4の皆様方に、素晴らしいおもてなしをして頂きました。

ハンガリー、スロバキア、チェコ及びポーランドの4ヵ国は、そのホスピタリティーやクラシック音楽のみならず、世界遺産にも登録されている中世の町並みや歴史的建造物、文学、絵画及び自然遺産などの魅力溢れる親日的な国々です。

「V4+日本」交流年期間中には、私も親善大使としてこれら4ヵ国を訪れ、V4各国の皆様に日本の素晴らしさをお伝えし、また、本の皆様にはV4各国の魅力をご紹介することにより、日本とV4の相互理解及び友好関係の促進に向けて貢献したいと思っております。

今後、「V4+日本」交流年テーマソングを作成し、皆様にお届けする予定ですので、楽しみにしていてください!

これから1年間,どうぞよろしくお願いいたします。

出典:外務省ホームページ

スポンサーリンク

松下奈緒さんの音楽活動経歴まとめ

ピアニスト・作曲家・歌手としての松下奈緒さんの経歴をご紹介しますね。

2003年(平成15年)に東京音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻に入学しましたが、仕事の多忙により1年の留年。2008年(平成20年)に卒業しています。

2005年 NHK大河ドラマ『義経』のエンディング解説「義経紀行」の音楽でピアノ演奏を担当
2006年

10月 ファーストアルバム『dolce』をリリースしピアニスト、作曲家デビュー

2007年

東京芸術劇場で日本フィルハーモニー交響楽団と共演

2007年

アニメ映画「ピアノの森」の主題歌「Moonshine〜月あかり〜」歌手デビュー

2008年

映画『チェスト!』のヒロイン・主題歌・ピアノ演奏・劇音楽作曲を務める。同年4月、主演映画『砂時計』の劇中で使われている楽曲のピアノ演奏を手掛け、サントラCDにも収録されている。

2011年

4月から6月『ゲゲゲの女房』のゆかりの地を巡り、自身2度目のツアー『松下奈緒コンサートツアー”Scene#25”』が行われた。

2012年

主演ドラマ『早海さんと呼ばれる日』(フジテレビ)で、劇中曲も書き下ろし楽曲を提供した。アルバム『for me』収録の「Save the Dream」が第19回日本プロ音楽録音賞の部門A「2ch パッケージメディア」クラシック、ジャズ等にて、最優秀賞を受賞

2019年

オリジナルアルバム『Synchro』を発売

大河ドラマや映画の楽曲を手掛けるなど、音楽活動も積極的で、活躍ぶりは素晴らしいですよね。

スポンサーリンク

松下奈緒さんの演奏動画まとめ

演奏活動でも、数々の実績をおさめられている松下奈緒さん!

その演奏は多くの人を魅了しています。本物の実力を身に付けていると言えるのではないでしょうか。

その素晴らしい美しいピアノ演奏をご堪能ください♪

※ありがとう- いきものがかり 松下奈緒 共演

※6枚目となる1年半ぶりのニューアルバム「Music Box」メドレー


※映画『チェスト』の主題歌「流れる雲よりもはやく

※松下奈緒7作目のオリジナルアルバム「Synchro」より、ピアノ2台による連弾。
松下奈緒×野崎良太(Jazztronik)

※初のボーカル曲を中心とした5thアルバム「WOMAN」アルバム収録曲より、古内東子書き下ろし「泣けるほど逢いたい」

松下奈緒さんのプロフィール

ピアノと共に過ごしてきた松下奈緒さんですが、女優へのきっかけは、小学生のときテレビで見た山口智子さんの”ロングバケーション”だそうです。

  • 松下奈緒:本名同じ
  • 生年月日:1985年2月8日(37才)
  • 父親:元三井住友DSアセットマネジメント会長松下隆史氏
  • 奈良県生駒市生まれ兵庫県川西市出身
  • 身長:174cm
  • 血液型:AB型
  • 女優へのきっかけ:小学校のとき、テレビで見た「ロングバケーション」で山口智子さんに憧れて

デビューするきっかけも音楽だったんですって。

役柄が音大生で、ピアノを「吹き替えなしで弾けます!」と言ったら、それありきで役をいただけた、と語っています。

まとめ

今回は、松下奈緒のピアノの実力がスゴイ!親善大使も務めた音楽活動経歴と演奏動画まとめ、という流れでまとめました。

大河ドラマや映画の楽曲を手掛けるなど、音楽活動も積極的に活動されている松下さん。

2月8日37才のお誕生日を迎えられ、ますます女優としての演技力も深まりそうですね。

さらなるご活躍を期待しています!

                    

error: Content is protected !!