エンタメ

松尾汐恩の好きな球団や選手は?中学時代はショート!捕手転向理由も

今期ドラフト1位候補と評判の高い大阪桐蔭高校の松尾汐恩捕手!

2022年夏大会では、春夏連覇を期待されていた大阪桐蔭高校ですが、準々決勝で惜しくも敗退。

松尾汐恩選手が「全部自分の責任」と号泣したシーンが思い出されます。

そんな松尾選手ですが、小学中学時代はショートで活躍していたというのです。

高校で捕手に転向したそうですが、どのような経緯があったのか気になるところです。

ついては、松尾汐恩選手の捕手転向理由を調査しました!

小学時代から好きな球団や憧れの選手、大阪桐蔭高校に進学した理由などもまとめて、詳しく紹介いたします。

ぜひ最後までご覧ください。

松尾汐恩の好きな球団や選手は?

松尾汐恩選手は、幼いころから阪神戦を観戦し、タテジマのユニフォームを見ながら育ちました。

父親は野球経験者だという情報がありますので、父の影響が大きかったのかもしれませんね。

少年時代は、阪神で活躍していたブラゼル選手の左打法に刺激をうけ、毎日練習に励んでいたほどです。

普段出かけるときのかばんも野球メーカーの物にこだわるなど、生活すべてが野球に染まっていました。

スポンサーリンク

そんな松尾汐恩選手ですが、中学に進学すると、甲子園で2度目の春夏連覇を達成した藤原恭大選手にあこがれを抱くようになりました。

藤原恭大選手は、ドラフトで3球団から1位指名を受けるほどの注目選手でした。

松尾選手が大阪桐蔭高校を目指すようになったのも、藤原恭大選手が大阪桐蔭で活躍する姿に感化されたから。

藤原恭大選手が1位指名を受けた球団は、東北楽天ゴールデンイーグルス、阪神タイガース、千葉ロッテマリーンズの3球団!

抽選の結果、交渉権を獲得した千葉ロッテは、契約金1億円+出来高払い5000万円、年俸1500万円を提示し、入団が成立しました。

松尾汐恩は小学中学時代はショートを任されていた!

甲子園では、キャッチャーとして活躍した松尾汐恩選手ですが、小学中学時代はショートを任されていました。

中学時代、日本代表に選出されたのもショートの松尾選手!

ショートでも活躍していたというのですから、偉大な素質がありそうですね。

ピッチャーの経験もあるようで、肩の強さは捕手でも活かされています。

松尾選手のプロフィールや経歴はこちらで詳しく紹介しています。

松尾汐恩がショートから捕手へ転向したのはなぜ?

松尾汐恩選手が捕手に転向したのは、大阪桐蔭高校1年の秋でした。

中学時代所属していた京田辺ボーイズで、ケガをした選手の代わりに、一度だけキャッチャーを任されたことがありました。

高校ではチーム事情があったようですが、その経験からか、”キャッチャーをやらないか”と監督に言われ、不安を抱えながらも承諾をしたのです。

しかし「これはチャンスや」と、前向きにとらえた松尾選手!

メキメキと頭角を現し、キャッチャーの楽しさにハマっていきました。

松尾選手がキャッチャーでやりがいを感じるのは、ピッチャーをうまく引き出せたときだそう。

それゆえに、日頃からピッチャーとのコミュニケーションを大切にしている松尾選手です。

スポンサーリンク

大阪桐蔭高校の西谷監督は、スピード、足の速さ、守りの機敏さ、肩、などすべてにおいて松尾選手を評価しています。

しかも、「ショート、内野ができる捕手」として、3年間で一番成長した選手と語っています。

「自分は内野をできるのも売り」

内野手の経験があることで、シートノックや、打球を処理するスピードが非常に速い、と専門家の方も高く評価しています。

松尾選手にとって、ショートの経験は大きな財産ですね。

松尾汐恩(まつお・しおん)

2004年7月6日、京都・精華町生まれ。

精華町立川西小学校1年から精華アトムズで野球を始める。

精華町立精華中学校では、京田辺ボーイズ所属。

甲子園では、史上10人目の通算5本塁打を達成。

まとめ

松尾選手はイケメンで女性ファンも多く人気も急上昇中!

そんな松尾選手は、阪神からドラフト1位指名があるのでは、と注目されています。

「やるべきことをしっかりやって、指名を待ちたい。チームを勝たせられる選手になりたい」

そんな強い意志をもって、ドラフトを迎えようとしている松尾汐恩選手!

プロで活躍する日を楽しみにしています!

error: Content is protected !!