エンタメ

松尾汐恩(大阪桐蔭)がイケメン【画像】マウンドでは「桐の侍」にオラオラ系女房?

大阪桐蔭高校の松尾汐恩捕手は、イケメンで可愛いとSNSでの評判が高まっています。

今回は、そんな松尾汐恩捕手を徹底解剖します!

ついては、松尾汐恩(大阪桐蔭)がイケメン【画像】マウンドでは「桐の侍」にオラオラ系女房?の流れでプロフィールも含め詳しく紹介いたしますね。

最後まで楽しんでご覧ください。

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)がイケメン【画像】

大阪桐蔭 松尾汐恩捕手
大阪桐蔭 松尾汐恩捕手

大阪桐蔭高校の松尾汐恩捕手は、笑顔がさわやかなイケメンタイプですよね。

実は、試合中の仕草がかわいいとの声もあがっているんですよ。

ピッチャーに寄り添う姿が本当に可愛く見えますね。

SNSには、このような投稿も見受けられます。

おれたちの松尾汐恩イケメンすぎんか??

引用:Twitter

学時代は主に投手、遊撃手がメインだった松尾汐恩選手のセンバツで正捕手になるかも?のところまで来ている野球センスの高さにはびっくり。 ちなみにイケメンです。

引用:Twitter

2022年甲子園出場の捕手選手の中では、イケメンNO.1と言えるかも!

スポンサーリンク

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)はマウンドではオラオラ系女房?

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)のマウンドでの姿はさわやかでカッコイイですよね。

そんな松尾選手ですが、違った一面もあるようです。

というのも、他の選手への声かけが、なんとオラオラ系女房?のような言葉なんですって。

たとえば、

「お前何点取られんねん」

「もうこのバッターで切ったらしまいやろ」

「もっといい球投げれるやろ」

チームをグイグイ引っ張る頼もしさもあり、ときには、上から目線の言葉じりや態度で、ほかの選手に喝を入れる一面もあるようです。

自分の考えや意見をズバっと言えるのも、松尾選手の器の大きさをチーム全員が認めているからなのでしょうね。

スポンサーリンク

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)のネーミングは「桐の侍」

大阪桐蔭の選手たちには、それぞれの選手に合ったネーミングがあります。

松尾汐恩選手のネーミングは「桐の侍」

副キャプテンの吉沢昴選手が、選手全員のネーミングを考えたそうですよ。

”侍”とは、その道を極めた象徴のようなイメージがしませんか。

松尾選手がチームに与える存在は計り知れないものがありそうですね。

このネーミングは、帽子のツバの裏に書かれているそうですよ。

プレーといっしょに、選手の帽子にも注目しましょう!

https://twitter.com/M_T_baseball/status/1530696795839668227?s=20&t=H8vKpszjgyx7fSf3IyXZUw

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)のプロフィールと経歴

ドラフト候補有力と期待の大きい松尾汐恩捕手ですが、いつから野球を始めたのでしょうか。

プロフィールも含め紹介しますね。

名前松尾汐恩(まつおしおん)
生年月日2004年7月6日
出身地京都府精華町
出身小学校精華町立立川西小学校
出身中学校精華町立精華中学校
身長178cm
体重78kg
投打右投げ右打ち
成績高校通算35本塁打
(2022年7月現在)

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭):小中学高時代

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)は京都出身で、精華町立精華中学校の卒業生です。

小学1年生で地元の少年野球チームに入り、軟式野球を始めました。

野球を始めたきっかけは、お父さまの影響が大きいようですが、詳しい情報は分かりませんでした。

ポジションは、小学生の時はショート。

中学では、ショートとピッチャーも経験。

ピッチャーとしても、最速142kmの記録があるほどです。

肩の強さは捕手となった今でも活かされています。

日本代表に選出された経歴もあります。

日本代表では、ショートの選手として活躍しました。

スポンサーリンク

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭):高校1年生時代

松尾汐恩選手が捕手に変わったのは、高校1年の秋です。

中学生のときに一度だけ、ケガをした選手の代わりにキャッチャーを任されたことがあった松尾選手。

その経験からか、”キャッチャーをやらないか”と言われたそうです。

そのときは不安もありましたが、経験を積むうちに、キャッチャーの楽しさにハマったようです。

捕手の楽しさは、何と言ってもピッチャーをうまく引き出せたとき!

とにかく、ピッチャーとのコミュニケーションを大切にしています。

チームの中では、飛距離NO.1の松尾選手。

あの細身の体型のどこにそんなパワーがあるのでしょうか。

しかも、どの方向にも飛ばせるセンスの良さも、松尾選手の強みです。

スポンサーリンク

松尾汐恩捕手(大阪桐蔭):こんな人

センバツでは4試合で打率.353、2本のホームランを放った強打の捕手。

昨年の秋は公式戦だけで、ホームラン5本。

高校1年秋から捕手に転向したとは思えないほど成長した選手。

長打力もあり、守りと攻めのどちらの才能も豊か。

伸びしろも十分、プロとしての期待もかなり大きい選手です。

まとめ

今回は、大阪桐蔭高校の松尾汐恩捕手について、「松尾汐恩(大阪桐蔭)がイケメン【画像】マウンドではオラオラ系女房?」の流れで紹介いたしました。

いよいよ、2022年甲子園開幕!

松尾汐恩捕手の活躍が楽しみですね。

期待しています!

error: Content is protected !!