エンタメ

武元一輝(智弁和歌山)の出身中学と経歴!身長体重とプロフまとめ

智弁和歌山高校は、今年の甲子園の優勝候補として大きな期待を寄せられています。

なかでも、プロ注目の武元一輝選手は二刀流線選手として活躍が期待されています。

ついては、今回は、武元選手について調査しました。

武元一輝(智弁和歌山)の出身中学と経歴!身長体重とプロフまとめ、の流れで詳しく紹介いたします。

最後まで楽しんでご覧ください。

武元一輝選手の出身中学

武元一輝(智弁和歌山)選手の出身中学は大阪市立田辺中学校です。

武元選手は、大阪府大阪市の出身です。

中学時代は、硬式の藤井寺ボーイズに所属していました。

スポンサーリンク

武元一輝選手の経歴

武元一輝選手は、187㎝という高身長から繰り出す最速148㎞のストレートが大きな武器です。

それでは、小学校時代からの経歴をみていきましょう。

武元一輝選手:小学校時代(長池キングス所属)

武元選手は、小学校4年生に地元の野球チーム、長池キングスで野球を始めました。

長池キングスは、「感謝の気持ち」「思いやりの心」「元気な挨拶」をモットーにした少年野球チームです。

緑と紺色のユニフォームがグランドに映えますよね。

武元選手もこのユニュームを着て練習に励んでいたのでしょう。

武元選手の野球人生の原点ですね。

スポンサーリンク

武元一輝選手:中学校時代(藤井寺ボーイズ所属)

武元選手は中学に進学すると、硬式の藤井寺ボーイズに所属しました。

  • 「2019リポビタンカップ第50回記念選手権大会」大阪中央支部予選8強進出

5回から登板した武元一輝選手の力投は、3年振りの出場を目指していた藤井寺ボーイズの勝利に大きく貢献しました。

  • 春季全国大会出場

先発で出場し完全勝利!

このときのインタビューでは、

「楽しめた。自信の直球を中心に配球を考え投げました。優勝へ、みんなを引っ張っていけるように頑張りたい」

と、エースとしての意気込みを語っていました。

武元選手は、中学3年で最速138キロをマークするなど、当時からの注目度や評価は高く、進路にも注目されていました。

武元一輝選手:高校時代(智弁和歌山高校)

武元一輝選手は、和歌山県内で甲子園出場回数1位の智弁和歌山高校に進学しました。

2年生の夏には、148キロを計測するなど、チームで主軸を担う大型右腕ピッチャーに成長。

しかも、自分自身でも「自分の役割は投打でチームを引っ張ること」と断言するほど、プロ注目の二刀流選手なのです!

打者としては、高校通算14本ものホームランを打ち、長打力でも実績を積んでいます。

スポンサーリンク

余談ですが・・

2020年12月2日〜4日の3日間、イチローさんが智弁和歌山野球部を訪問して直接指導されたと話題になりましたよね。

武元選手は1年生でしたので、直接指導を受けることはなかったかもしれませんが、イチロー選手から学んだことは計り知れないと思います。

実際、智弁和歌山高校は、翌年の甲子園で優勝という最高の成績を残しました。

武元選手もベンチ入りを果たしています。

今年は武元選手にとって、高校生活最後の夏!

思いっきり今までの練習の成果を発揮してくれることでしょう。

武元一輝選手の身長と体重

武元一輝選手の身長は187㎝、体重は86㎏です。

ちなみに、二刀流大谷翔平選手の現在身長は193cm、体重97kg。

大谷選手は、高校3年間で10㎝も身長が伸びたそうです。

しかも、入学当時は体重66kg、かなり細身の長身だったようです!

武元一輝選手もまだ成長の可能性は十分ありそうですね。

スポンサーリンク

武元一輝選手のプロフィール

名前:武元一輝(たけもといつき)

生年月日:2004年4月9日

出身:大阪府大阪市

憧れの選手:大谷翔平

投打:右投左打

持ち球:ストレート・カーブ・スライダー・カットボール・スプリット

2021夏の甲子園大会では、石見智翠館高戦で最終回にリリーフ登板しました。

今夏はドラフト候補として大きな注目を浴びています!

https://twitter.com/5589com/status/1551765231843819520?s=20&t=IOmQk-sRmmleUcx25LWCtw

まとめ

今回は、智辯和歌山高校の二刀流、武元一輝選手について紹介しました。

早く試合が見たいですね。

引き続き応援してまいりましょう!

error: Content is protected !!